帰ってきたウルトラマンは地味だよね

「君にも見えるウルトラの星♪」で始まるOPがいい。実は帰ってきたウルトラマンは、すべての回を見たわけではないので、あまり語れるようなことがない(申し訳ない)そして申し訳ないがウルトラシリーズの中で一番存在感が薄いというか、なんというかもっとなんとかできたのではないかと個人的には思うシリーズである。たぶん、ミーハーな人にとっては深く刺さらないが、ウルトラシリーズを熟知した玄人的には面白い作品なんだろう。もし時間があるならもう一度最初からすべての回を見てみたいと思う。そういえば別名ウルトラマンジャックとも言ったが、どういう意味なんだろう。一番記憶に残っているシーンは、怪獣ツインテールだろうか。可愛らしい名前と裏腹に気持ち悪い虫みたいな怪獣である。あのデザインセンスは本当にすごいと思う。セブンもそうだが、帰ってきたウルトラマンも、夕陽のシーンが似合うウルトラマンだろう。あと、初代ウルトラマンとの見分けが難しいのだが、スーツのヒダヒダがでかいほうがジャックだといえばわかるだろうか。(わからん)あとは顔の特徴が、なんとなく顔のパーツが中央寄りなのが初代マン、そうでないのがジャックといえばわかるだろうか(わからん)まあそれだけ個人的にはあまり印象にはないシリーズではある。

関西 介護資格

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です